EVENTS

CEATEC 2019 閉幕!ご来場ありがとうございました。

2019.10.29

2016年にスタートし、今年で4回目の開催となるROHM OPEN HACK CHALLENGE。
このコンテストの醍醐味である、CEATEC 2019 ロームブースでの優秀作品の展示が、10/15(火)-18(金)の開催期間中に行われました。

展示されたのは、ROHC 2019の最優秀賞2作品、優秀賞3作品の計5作品と、エンジニア・タレントの池澤あやかさん率いるエキシビションチームがハッカソン参戦時につくられた作品です。※優秀賞受賞作品の詳細は、既報のレポートをご参照ください。

今年もたくさんの来場者でにぎわったロームブースには、会期中約24,000名の来場者にお立ち寄りいただきました!


受賞者の方々も来場され、来場者に自ら説明する場面も見られました。


また、ロームブース前方の大型ディスプレイを使用したプレゼンテーションでは、本コンテストもテーマの一つとして取り上げられました。コンテストの開催趣旨や、ハッカソン・最終審査会の様子、受賞作品についても紹介され、多くの方々が観覧くださいました。

会期最終日の10/18(金)には、審査員を務めていただいた、エンジニア・タレントの池澤あやかさんがプレゼンテーションステージに登場!
審査員の目線から受賞作品の紹介と、ご自身の作品の使用デバイスや構成を説明くださいました。今回池澤さんが作られた作品はローム製の加速度センサ、Wi–SUN無線通信デバイスを搭載し、大きな恐竜のぬいぐるみをコントローラにした「だいなそーこんとろーら」。ステージでは実際に作品をデモンストレーションする場面も。


今年のROHM OPEN HACK CHALLENGE 2019は、約50作品もの素敵なアイデアが集まりました。
その中から、一次審査で16作品が選ばれ、最終審査会でのプレゼンテーションを経て、優秀作品5作品がCEATEC 2019で展示されました。

本コンテストにご応募いただいた皆さま、ご興味・関心を持っていただいた皆さま、本当にありがとうございました。
ロームはこれからも、モノづくりに携わるベンチャー、スタートアップ企業やエンジニア、学生の皆さまを応援する取り組みを続けてまいります。

今後もロームの活動にご期待下さい!

ROHM OPEN HACK CHALLENGE 2019