EVENTS

CEATEC JAPAN 2018 閉幕!ご来場ありがとうございました。

2018.10.24

2016年にスタートし、今年で3回目の開催となるROHM OPEN HACK CHALLENGE。
このコンテストの醍醐味である、CEATEC JAPAN 2018 ロームブースでの優秀作品展示が、10/16(火)-19(金)の開催期間中におこなわれました。

展示されたのは、最優秀賞2作品、優秀賞4作品の計6作品と、エキシビジョンチーム(池澤あやか feat.MA)による1作品です。

今年もたくさんの来場者でにぎわった、ロームブースには、会期中、なんと約27,000名の来場者がいらっしゃいました。

 
受賞者の方も来場され、来場者に自ら説明する場面も。


ロームブース前方では大型ディスプレイを使用してプレゼンテーションがおこなわれました。
本コンテストもテーマの一つとして取り上げられ、コンテストの開催趣旨や過程、受賞作品が会期を通じて紹介され、
多くの方々が足を止めてステージを観覧くださいました。

 
会期2日目の10/17(水)には、審査員を務めていただいた、エンジニア・タレントの池澤あやかさんがロームブースに登場!
審査員の目線から、受賞作品について紹介いただきました。

また、本コンテストの応募期間中に開催されたハッカソンに、池澤さん自らが参加して作られた作品「アクション扇」も紹介。


展示作品を改めてご覧になり、その場で受賞者との再会も果たされました!

今年のROHM OPEN HACK CHALLENGE 2018は、アイデア応募からプロトタイプ作品での応募に大きく舵を切りましたが、多数の作品アイデアが集まりました。
その中から、一次審査で選ばれた16作品が決勝審査会に進出。
決勝審査会でのプレゼンテーションを経て、優秀作品6作品がCEATEC JAPAN 2018で展示されました。

本コンテストにご応募いただいた皆さま、ご興味・関心を持っていただいた皆さま、本当にありがとうございました。
ロームはこれからも、モノづくりに携わるベンチャー、スタートアップ企業やエンジニアの皆さまを応援する取り組みを続けてまいります。

今後もロームの活動にご期待下さい!

ROHM OPEN HACK CHALLENGE 2018