ROHM
OPEN HACK CHALLENGE 2016
Welcom to
the Playground

ROHM OPEN HACK CHALLENGEは、2016年、
京都の半導体・電子部品メーカー「ローム」が開催した、
ものづくりのアイデア&ブロトタイブを募集するコンテストです。

デジタルファブリケーション&IoT全盛のいま、ロームグループも
長年培ってきたマイコン・センサ・無線の技術を活かして、
エンジニアやクリエイターの皆さんが気軽に利用できる「キット」をつくりました。

ロームのキットがもつ特徴を活かして、
私たちのくらしに役立つ「何か」をつくるなら…?

コンテストでは「遊びゴコロ」あふれた楽しいアイデアがたくさん集まり、
一次審査を経て選ばれた10の作品が、プロトタイプ制作にチャレンジ。
CEATEC2016の会場で、優秀作品5点を展示しました。

DEVICESデバイス紹介

  • マイコンボード
    Lazurite(ラズライト)シリーズ

    Lazurite(ラズライト)シリーズ
    Lazurite(ラズライト)シリーズ
    • オープンプラットフォーム、Arduinoハード互換のマイコンボード
    • 消費電力を大幅削減、遠距離でも使える無線通信も搭載
    • Raspberry Piと連携するキットも準備
  • センサ評価キット
    Sensor Shield

    Sensor Shield
    Sensor Shield
    • 8つの高性能センサ:加速度/気圧/地磁気/照度・近接/カラー/ホールIC/温度/紫外線を使用して、簡単にセンサプロトタイプを作ることが可能
    • Lazuriteシリーズ、Arduino Unoのマイコンボードに装着して利用
  • センサ評価キット
    Sensor Medal

    Sensor Medal
    Sensor Medal
    • スマートフォン・タブレット連携、ボタン電池で動く小型センサモジュール。Androidアプリで気軽にアプリケーションを作ることが可能
    • モーションデータの取得に必須の4センサ:加速度/気圧/地磁気/角速度(ジャイロ)センサを搭載
  • 電池不要の無線技術
    EnOcean

    EnOcean
    EnOcean
    • 環境発電(エネルギーハーベスト)技術を利用した、バッテリーが要らない無線通信モジュール
    • スイッチや磁石、温度、照明などを検知して、情報送信を行うことが可能
    • 超低消費電力のセンサネットワーク構築に最適

TIMELINEコンテストの経過

2016/7/24 + 7/31

デバイス体験イベント
Play with Devices

このコンテストで使用いただく4つのキットを間近で体験できるイベント。京都・MTRL KYOTOと、東京・Loftwork COOOPの2会場に、会場を埋め尽くすほどの参加者が集まりました。

イベントでは、ロームのエンジニアにさまざまな質問をぶつける時間や、キットを使ったアイデアを考えるワークの時間がありました。このイベントをきっかけに、作品を応募された方も!

イベントレポート(京都)

イベントレポート(東京)

デバイス体験イベントの様子
デバイス体験イベントの様子
デバイス体験イベントの様子
デバイス体験イベントの様子
デバイス体験イベントの様子
デバイス体験イベントの様子

2016/8/25

一次審査会

目標件数を超える多くの応募をいただきました。秋葉原に審査員が集まり、一次審査通過作品10点を選びました。

審査会レポート

一次審査会の様子
一次審査会の様子
一次審査会の様子
一次審査会の様子

2016/8-9

デバイス常設展示

京都のMTRL KYOTOと東京・渋谷のFabCafe MTRLでは、本コンテストに登場する4つのキットを使って試作を行える常設展示を実施しました。

詳細

常設展示
常設展示

2016/9/27

最終審査会

10作品のプロトタイプが東京・渋谷の審査会場に集結。
審査員とともに、優秀賞5作品を厳選しました。

最終審査会
最終審査会

2016/10/4 - 10/7

CEATEC2016 ロームブース出展

優秀作品5点をCEATECロームブースにて展示。
多くの来場者の方が、実際に作品を手に取って動かしながら、プロトタイプとして表現されたアイデアを吟味しました。

会期中のステージでは、コンテストの趣旨・経過と作品の紹介が行われた他、各審査員が登壇する「特別ステージ」も実施。それぞれの審査員が、作品の見所や評価のポイント、作り手へのメッセージなどを熱く語りました。

CEATEC ロームブースの内容はこちら

ブース風景
ブース風景
ブース風景
ブース風景

PRIZE受賞作品紹介

  • グランプリ

    インパクト賞 けん玉楽器by KENDAMCN

    けん玉楽器 by KENDAMCN

    けん玉+センサ=新しい楽器?!

    海外でもKENDAMAとして話題のけん玉に、センサを搭載。玉の動きに合わせて音を鳴らしたり、スマホ上でVJや照明をコントロールするなど、新しい遊び方を提案します。

    Sensor Medalに搭載された加速度・角速度・地磁気・気圧センサを駆使して、多様な動きを検知。Bluetoothシールドを搭載したArduinoにデータを送り、MIDIを鳴らして音を生み出します。

    紹介映像を見る

  • 優秀作品

    イノベーティブ賞 Lazurideby City&Dots

    けん玉楽器 by KENDAMCN

    未開拓の「自転車シェア」サービス

    ご近所さん同士の自転車の貸し借りを実現する、自転車専用のスマートロック。
    専用アプリで自転車の空き時間と料金を確認し、スマホで解錠。自転車の有効利用につながるサービスです。

    消費電力の少ない小型のマイコン Lazurite 920J を使用し、長時間の利用にも耐えられます。カギの解錠はソレノイドのON/OFF切り替えを使い、Bluetoothでスマホとやりとりします。

    紹介映像を見る

  • 優秀作品

    インタラクティブ賞 Ping-Pong Airby TBD

    Ping-Pong Air by TBDのイラスト

    玉がなくても卓球を楽しめる!

    エアギターのように玉がなくても卓球ができるエアピンポンです。地味な「素振り」のイメージが強い卓球を、明るく楽しいスポーツに。打球の軌跡を演出したり、魔球を打ったり、卓球の概念を変えるデバイスです。

    ローム6軸コンボセンサKXG03とLazuriteを組み合わせて、高精度のモーションセンシングにより「打球感」を再現。RaspberryPi + Pi Gatewayで通信し、音を鳴らします。

    紹介映像を見る

  • 優秀作品

    インテリジェント・ホーム賞

    特別賞

    オーディエンス賞

    POSBeeby POST入魂

    POSBee by POST入魂のイラスト

    無線通信と人工知能で「モノの声」が聞こえる

    POSBeeは、呼び鈴を押すお客様・宅配業者・投函される郵便物・お隣さんが持ってきてくれるたまごや野菜などを判別して、スマホに通知してくれるサービス。かわいいキャラクター「ノビィ」が人工知能で会話します。

    動作には呼び鈴の押し込みやポストの開閉(マグネットセンサ)を利用。Lazurite+XOceanの構成で、これまでできなかった「マイコンボードから直接メール送付」を目指して、レスポンス向上を図りました。

    「特別賞/オーディエンス賞」は、CEATEC2016初日の来場者の皆様による投票にて、最も多くの票を集めた作品に贈られました。

    紹介映像を見る

  • 優秀作品

    アイデア賞 ハレサーチby DAIBA製作所

    ハレサーチ by DAIBA製作所のイラスト

    日本全国の「乾杯」を、IoTで可視化する!

    ビールを片手に「乾杯!」した瞬間をセンサが検知、クラウドで集計・可視化します。いまこの瞬間に日本でもっとも盛り上がっている地域が分かるアイデアです。

    缶やジョッキをぶつける乾杯動作や、飲み干す時の傾きを、Sensor Medalに搭載したモーションセンサで検知。Bluetooth経由でスマホにつなぎ、データをクラウドに送信します。

作品紹介PDFダウンロード

賞金

グランプリ30万円
優秀賞10万円✕4作品
特別賞10万円

プロトタイプ開発部品支給

一次審査を通過した出品者(10組程度)に、それぞれ5万円相当のプロトタイプ開発部品を支給。コアスタッフ社「ザイコストア」から、自由に部品を選んで、作品のブラッシュアップに活用いただけます。

展示会への出品機会

本コンテストの受賞作品には、ロームが出展する国内外の展示会に出品する機会を提供します。あなたの作品が名前とともに展示されるチャンス!

優秀作品をCEATEC2016で紹介!
CEATECロームブース特設サイトへ

JURIES審査員のご紹介

ENTRY INFO応募要項

  • ロームグループの製品を使用したオリジナルのハードウェア作品であること(市販のキット、マイコンを併用した作品でもかまいません)
  • 使う人、見る人に「楽しさ」「便利さ」などのメリットを提供できる作品であること
  • 未発売の作品であること(クラウドファンディングなどでの活動中の作品、他のコンテストに出品経験のある作品の応用でも応募可能です)
  • 作品のジャンルは自由(例:デジタル機器、ファッション、住まい、食育、エンターテイメント、音楽、おもちゃ、アート 等)
  • 個人・グループ・法人など参加形態は問いません
  • 氏名や所属などの情報を開示して頂ける方 ※ペンネーム/ハンドルネーム等は不可
  • 一次審査通過後、プロトタイプ制作への参加が可能な方
  • 「驚き」「感動」「インパクト」を生み出すこと
  • これまでにない、斬新なアイデアであること
  • ローム製品および既存のデバイスを使った実現可能性が高い作品であること
  • 人々のくらしを快適・便利にしたり、省エネなどの持続可能な社会に貢献すること

応募作品に関する応募者自身が保有する知的財産権は、引き続き応募者に帰属するものとします。応募者は応募条件として、 ROHM OPEN HACK CHALLENGE主催者(ローム株式会社、株式会社ロフトワーク:以下主催者)が、同コンテストに関する活動の実施、運営、管理、広報、販促活動等を目的として応募作品の情報(作品名や写真等)を発表する権利を有することに同意するものとします。

主催者は、応募作品に関する知的財産権の存否ないし権利化等に係る事項について何ら保証するものではありません。応募により、応募者に何らかの不利益が生じた場合であっても、当社は一切関知できません。応募作品が第三者の知的財産権を侵害しているとして、当社が当該第三者から何らかの請求を受けた場合、応募者は、自己の費用と責任において、当該第三者からの請求に対処するものとします。

最終審査を通過した「受賞作品」については、国内外での展示会にてご紹介するため、プロトタイプ(デモ機)1点をローム株式会社にご提出いただきます。ご提出いただいたプロトタイプ1点については、原則として返却いたしませんが、著作権等は引き続き制作者に帰属します。

SCHEDULEスケジュール

デバイス体験イベント開催 2016年7月24日 (日)、31日 (日)
応募期間 7月21日 (木) 〜 8月21日 (日)
一次審査応募締切 8月21日 (日) 23:59
一次審査通過作品の
ブラッシュアップ期間
8月下旬 〜 9月下旬
最終応募締切 9月25日 (日) 23:59
最終審査 9月下旬 〜 10月上旬
表彰式 10月4日 (火) 〜 7日 (金) 開催 CEATEC2016 会場にて発表

ENTRY参加応募

以下の情報をご用意の上、応募フォームよりご応募ください。

  • アイデアスケッチ、写真等の画像(複数点OK)
  • プロトタイプなどを撮影した動画(YouTube、Vimeo等にアップロード・公開の上、URLを入力ください) ※任意
  • 作品概要(解説文)、クリエイティブアピール
  • 氏名、所属等の情報

応募は締め切りとさせていただきました。事務局へのお問合せはこちら

主催・協力